「Bell」社が扱うメイソンジャーはアメリカで100年以上愛されるガラス製品です

「おしゃれガラス」で再注目!

「ガラスびん」の活用はここ最近で急激に広がっています。
昔のような給食銭湯など身近なところで使われていた時代とは少し違って、現在では「ガラスそのものの風情」から高級レストランでの飲料の給仕に使われるようになりました。

 

それは現代において、ガラスが「おしゃれ」だからという理由があります!
そんなおしゃれなガラスは「作り置きサラダ」や「スイーツ」にとどまらず、ガラスびんを使った「お寿司」など幅広い料理への活用でガラスの新たな可能性を切り開いています。

 

活用したいおしゃれなガラスメーカー

おしゃれなガラスがガラス文化を復活させるようなら、ぜひトレンドは押さえておきたいところですよね!
おしゃれで有用的なガラス瓶は世界各国で作られています。

 

なかでも日本の中で特に人気のあるメーカーをまとめました!

 

Ball

メイソンジャーに入っているサラダ

アメリカにてガラス容器の製造販売をしている「Bell」社は「インスタ映えするサラダの作り方」に用いられたことで一躍有名になった「Mason Jar(メイソンジャー)」を取り扱う最も有名な会社の1つになります。

 

メイソンジャーは、シンプルながら「頑丈」で「機密性が高い」ことから、アメリカでは100年以上愛されるガラス製品です。
東京都内にBell社の製品を取り扱う実店舗もあることから、ガラスびん入門の際にはぜひ一度手に取ってみたいアイテムになります!

 

WECK

「WECK」はドイツ発祥のガラスメーカーです!
「WECK」のガラス瓶は「ゴムパッキン」や「ステンレスクリップ」を使用することで空気を極限までシャットアウトした「高い密閉力」を実現し、他の保存容器と比べても「常温」において長期の保存を可能にした至高の一品です!

 

公式ホームページにはおしゃれな画像に加えて、料理に対応した「密閉の方法」が丁寧に紹介されているので、ガラスびん料理の入門者にとって学びが多いメーカーです!

 

Le Parfait

「Le Parfait」は年間2,000万個のガラス瓶を世界各国に輸出しているフランスのガラスびんメーカーです。

 

フルーツの保存に適した「ボーカルジャー」、いつでも食べられる常備食を保存しておくのに適した「テリーヌジャー」などの用途にあわせたジャーのガイドがあるのでオススメです!

 

KILNER

ガラス瓶に入っているレモネード

「KILNER」社では、1840年代にイギリスのガラス工房で生まれた「キルナージャー」を取り扱っています。

 

他のガラスびんと比べて大ぶりなキルナージャーはフルーツを入れて「レモネード」や「炭酸フルーツ」を作って楽しむことに最適です!

 

セラーメイト

「セラーメイト」は「星硝株式会社」から製造されている日本製のガラスびんです。
「ソーダガラス」を用いたボトルはいつでも清潔感を保つことができ、ステンレス部分には「18-8ステンレス」を使用することでサビに強い設計になっています。

 

何と言ってもその全てを分解して洗うことができる点は日本らしい気配りで、ガラスびん料理全般に配慮した優しさと言えます!

page top