透明なガラスびんにアレンジを加えてオリジナル加工を施すとオシャレになります。

インテリアへの流用

ガラスびんは使い終わったら捨てずにインテリアへ流用することができます。
一部ではガラスびんを使った完成品のインテリアが商品として売られていますが、日常的に使って出たあきびんでも、ちょっとした工夫で綺麗なインテリアに変身します。

 

活用方法にもよりますが、人気が高いのはコンパクトで間口が大きく透明なガラスびんです。
ジャム瓶、化粧品、調味料などの容器が人気です。
インテリアへ流用する活用術をまとめました。

 

他のものに入れ替える

入れ替えた瓶

 

透明なガラスびんは、中に本来の用途とは違うものに入れ替えるだけでオシャレになります。
造花やビーズなど見た目だけを重視したものでもいいですし、ナッツやカラフルなクリップなど実用性のあるものもオススメです。
見える場所に置くと生活感の出るものでも、ガラスびんに入れ替えるだけでオシャレになります。
ジャム瓶につまようじを入れたり、輪ゴムを入れるのもオススメです。

 

花瓶

定番の活用術です。
もらった花束など、茎のある花をそのまま入れる場合は大きめのガラスびんとの相性が良いです。
透明なガラスびんなら、球根などの水耕栽培にも向いています。
コンパクトなガラスびんを流用するケースが多いです。

 

アロマキャンドル

ガラスびんは熱に強いので、アロマキャンドルの容器としての適正があります。
簡単にDIYでアロマキャンドルを作れます。

 

小物入れ

ペン入れや、キッチン用品のスツール入れなど長さのあるものを入れて立てかける小物入れとして活用できます。
中身に華やかさがないものは透明なガラスびんよりも色付きのガラスびんを使っても良いでしょう

 

 

ガラスびんのアレンジ術

透明なガラスびんはそのまま使ってもいいですし、ちょっとしたアレンジを加えてオリジナル加工を施すとオシャレになります。
ガラスびんのアレンジ術をまとめました。

 

色を塗る

  • 油性ペンで直接イラストを描く
  • ペンキで全体を塗る
  • マニュキュアアート(グラデーション加工)をする

 

上記が代表的な色を塗る方法です。
厚めのペンキで、あえて凹凸感を出して塗ると、ガラスではなく陶器のような外観にすることもできます。
使用済みのガラスびんは原価がかからないので、失敗を気にせず気軽にDIYにチャレンジできます。

 

ラベルを貼る

通販や雑貨屋では、ガラスびんに貼るようのラベルが売られています。
茶色など色付きのガラスびんに、オールド感のあるラベルを貼るとビンテージ容器に早変わりします。
日常的に使っていたガラスびんでも、お洒落なラベルに張り替えると、輸入雑貨のような雰囲気を出せます。

 

キャップを工夫する

キャップだけでも色を塗ったり、コルクキャップに変えるだけで雰囲気が一気に変わります。
フタをしてインテリアにしたいものがあれば、キャップだけでもDIYでアレンジしたり、他の物に代用しましょう。

 

装飾をする

ガラスびんのインテリアで人気の高い装飾が麻ひもです。
麻ひもを全体にグルグル巻きにするものいいですし、微量をまばらに巻きつけるだけでも、日用品の雰囲気がなくなって立派なインテリアになります。

 

page top